<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES

 
RECENT COMMENTS
LINKS
RECENT TRACKBACK
   

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.06.11 Wednesday  | - | - | - |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

言葉の責任


 今年の5月に紹介していただいたプログラミングのアルバイトを先週、大学受験の勉強をこれまで以上にやる為に辞めさせていただきました。自分でやりたいと言って始めて、自分の都合で投げ出してしまいました。会社の方に迷惑をかけて、本当に申し訳ない事をしてしまいました。この事で上司の方とも話しましたが「社会人になって、自分の言った事には責任を取らないといけない」と、言われました。自分の言った事、自分の行動には責任を持たないと行けないし、自分の思っているよりもずっと多くの人にまで迷惑がかかってしまうと言う事を今回の事で学びました。

 これからは行動する前に、考えるようにします。そして、やると決めた受験勉強をとことん突き詰めて行きたいと思います。まずは英語ですが、それ以外にも学ぶ事は多そうです。
2009.10.20 Tuesday 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | プログラミングのバイト |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

仕事は仕事

 時が過ぎるのも早いもので、春風が吹く中始めたプログラミングのバイトも6週間目に入りました(自分としては2ヶ月くらい経っている印象でしたが)。季節は梅雨になり、じめじめした日々が始まろうとしています。いろいろやろうと思って幕を開けた2009年。その挑戦の第一歩の社会経験として自分の取り組もう、やろうと思った事として始めたプログラミング。

 自分の手足で実際に体験してみて、初めて分かった事もいろいろあります。大変な事もたくさんありますし、自分の思ってもいなかったもうなことが起きたりもします。そしてこんな筈では無かったと現実を忘れようとする事すらありました。上手く行った時にはもちろん喜びも大きいですが、自分の思い描いていた世界ともちょっと違う様な気がしてきました。

 そして何よりも感じたのが、仕事は仕事。頑張ってみたでは駄目。職場は学校じゃない、1から教えてくれる人なんて誰もいない(実際7,8割は毎日手探りで進める状態)。周りに自分と同じ立場の人が居ないと言う事も大変に感じている点です。自分が分かっている事を知らない人に教えるのって確かに難しいですね。

 まだ自分のやりたい事を明確に見つけていないからこそ、迷いが生じて自分で自分を追い込んで行ってしまうのだと思います。だからこそ今年は、いろんな物に挑戦したいのです。ちょっとした旅行を含め、自分のやりたい事は全部で切る限り触れてみたいですね。いろんな物を観て、読んで、話を聞いて、話して、出会いを大切にしたいです。


 いつまで続けるかは分かりませんが、今やってるプロジェクト(自分なりの)は全うします。
 明日の事も分からないので、今目の前にある事に必死になろうと思います。
2009.06.15 Monday 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | プログラミングのバイト |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

(祝)懇親会で初スーツ!

 突っ込まれると行けないので、一応書いておきますが去年の夏に演劇の役柄で着たスーツは自分のではなかったのでカウントさせません(笑)。なので、今日が初スーツでした。 昼頃に書いたように今日は懇親会に行ってきました。黒いズボンと上に黒いジャケットで行く予定でしたが、黒いズボンを青山に買いに行ったら、あったのはあったのですがいろいろ見ているうちに上下で揃えても結構リーズナブルな価格の物がありましたし、この先スーツはあった方が良いだろうって言う事スーツと結構良い(しかも大きい)革靴を揃えました。

 駅まで歩いて行く道が一番辛かったです。見られている様な気がしていた(意識過剰と言われましたが・・・)上に慣れない靴で歩きにくかったですし、この着方で合っているのかものすごく不安でいっぱいでした。電車の中でもしわになったらいけないと思ってずっと立っていました。会社に到着していろいろあって予定時間よりも早めに、タクシーを拾って会場に向かう事になりました。しゃぶしゃぶを食べたのですが、それがもうすばらしかったです!

 行った事の無い様な店、味わった事の無いオトナな空気、社会人としての場。何もかもが新鮮でした。・・・未成年という事でビールではなくオレンジジュースを用意して頂きました(´∀`)。最初は緊張していて、不安でいっぱいだったのですが、行ってよかったですし、これからも迷う事無く新しいところに踏み込むべきだと感じました。しゃぶしゃぶしながら、自分自身の話をしたり、皆さんがどのようなきっかけでこの世界に入られたのかを聞いたり、今何を学んだら良いのかのアドバイスを貰ったり、ちょっと大人な会話に引き込まれたり!


 3ヶ月に一度ほど福岡の方のオフィスと東京の本社とから京都に集まって、全体的な会議(総会の様な物?)とその後の懇親会を行っているそうです。なので、見慣れない方が多くてまた新しい出会いもたくさん生まれました。無口で職人肌な京都の方に比べて、東京からやってきた方は私と似て楽しく喋っていました。その方達の学生だった頃の恋愛話やいたずら話などを聞かせていただいて、とても楽しい時間が過ごせました。

 これからの将来を決める上でもこの様な出会い、場がある事は幸せな事なんだなと痛感しました。でも、5分に一回言われた「しっかりしてるねー」ほど内面強くないですよー(´∩`)。まだまだ学ばないと行けない事も多いです。そして、自分のやりたい事を実現するまでにも壁はありそうです。



 そこから駅までの間に話した、ある方の転職や大学の話がとても頭に残っていて、「大学は良いけど、大学院はしっかりしたところに行った方が良い」と最後に言われた「それなら外国に行くべきだと思う」と「TOEFLを受けた方が良い」の言葉は特に深く記憶に刻まれました。やりたい事を実現する為にも、やれる事は片っ端方挑戦して行った方がいいですよね、確実に。



 節目ごとに行くのですが、今夜も学校に行ってきました。そう言えば前回行ったのは苦しくて苦しくてやめてしまいたくなっていた時期でした。好きなんですあの学校が。また来ているとか言われても、好きな物は好きなんでしょうがないです。自分の思いには素直で居るのが一番です。誰もいなくてもいいから行ってみようと思って行ったら、去年の事の頃すごくすごくお世話になった先生が残っていて作業をしていました。

 そこで先生に今日あった事、最近感じている事、これから思う事などを聞いてもらいました。将来の事についても幾度となく相談に乗っていたの頂いていました。先生を前にすると次々と言葉が出てくるのは、自分でも分からないほど不思議な事です。

 学生時代に制服を着ていなかった自分は今、社会人としての制服をなんだか心地よく感じています。
2009.06.06 Saturday 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) | プログラミングのバイト |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

今日は懇親会

 今日は懇親会が夜の6時頃からある為、それまで休んでいて良いって話になったで休んでいます。本当起きたのさっきですし、それが今最大限のプレゼントですよ! まぁその懇親会にスーツを着ないといけないって事で少し悩んだりしています。スーツは無いですし、ジーパン以外に黒いズボンがあるだろうか・・・・なんとかしないと。

 皆さんとお話できる機会なので楽しみにしています。また、追って書きます。
2009.06.05 Friday 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) | プログラミングのバイト |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

仕事=残業

 先月はいわば研修期間の様な物でした。自分で調べて、課題をこなしていくある意味自分との戦いを行っていました。6月になってそれも終わり、バイトとはいえ"仕事"をするようになりました。先週にも数学の数式をHTMLで行う事はやりましたが、今週からはさらに一段とレベルがあがって悩む時間も比例して増えて行きました。

 一日の流れは朝職場に着いて、タイムカードをかざしたら席について電源を入れます。そして各種ソフトを立ち上げて・・・・しばらく昨日やった事を見ながら過ごしていると、非常に簡潔な説明(足りない・・(´∩`。)をで今日の仕事を告げられます。そしてそれを1時くらいまでやって、昼休み(御所で休息)に約1時間行って、また5時までその課題に取り組むって感じです。分からないところは基本的に、Googleで調べたり他のコミュニティーで聞いたりしています。

 そして今日はこれまでやった事のなかった残業を体験しました。やる予定だった課題があまり進まなくて、それでちょっと残ろうと思ったら9時近くまで残りました。電車に乗って家に着いたのは、10時過ぎでしたが、不思議な事に思ったほど自分が想像していたほど疲れてはいませんでした。ずっと座り続けていたので、後半はかなり体をほぐしながらでしたが、帰路につく直接の理由になったのは「お腹がすいた」だったので、食料があればもう少し長く居れたかもしれませんね。

 ただ一番びっくりしたのが、一階に下りたらシャッターが閉まっていた事ですね(笑)




PS.どうやら初給料は5日に貰えるらしいです(多分今月)。
2009.06.04 Thursday 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) | プログラミングのバイト |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

初仕事の達成感



 最近周りの時間が時が飛ぶように姿を変えています。考えてみると、このバイトも3週間目に突入しました。先週はいろいろありました。良い事も、辛くなった事もありました。その事を会社の人に相談したら、次の日の昼ご飯に誘って頂きまして、話を聞いてもらいました。横の人(席が)に課題を出して頂いていたのですが、それに・・・詰まっていたといいますか、苦しくなり始めていたのです。

 その方はものすごく言い方ですし、スーパンマンみたいな優秀な方のようです。私が将来的にgoogleで働けたら良いなとかぼそっと言ったのがきっかけで、アルゴリズムとかの基礎的な(難しい)問題をいくつも出して頂きました。本当私の悪い癖なのですが、苦しくなって、苦しくなって、誰にも相談でできなくなって・・・どうしようもなくなる。というループが自分の中に存在するので、今回は一度そうなったら繰り返さない為に基礎に戻る事にしました。

 基礎に戻るというのは、本当の意味での基礎です。今週の月曜日に本屋さんに寄って「やさしいPHP」という本を買ってから会社に行きました。この本はプログラミングを初めてやるという人向けの本です。基礎ろくに分かっていない状態でいくら積み上げてもいつか崩れ巣のは目に見えているので、やり方を変えました!



 月曜日朝からその本をひたすら、めくりながら打ち込みながら、めくりながら画面をにらむ。の作業を繰り返していました。はじめの段階から知らないものが多く溢れていたのでやってよかったとすぐに思えました。これからもその本を頼りに、PHPの険しい岩肌に向き合います。

 長くなりましたが、↓ここからが今日書きたいことです(汗


 火曜日出社して前日から続けていた、勉強を始めようと思ったら、リーダーさん(私を採用してくださった方で、プログラマーさんたちをまとめている人。自身もプログラムは書きます)が私を自分の席に呼びました。そして、「ちょっとやってもらいたい事がある」の一言から私の初めての挑戦が始まりました。

 挑戦の中身は詳しく書けませんが、簡単に言うと数学の式をHTMLで打ち込むという単純かつ面倒な作業です。sin Aやらcos BやらαとかβとかルートとかをひたすらPCの画面上に再現する仕事です。教育関係のお客さんから、頼まれた作業らしいです。そして、なんと納期が次の日・・・・これを一日目の後半に言われたので・・・焦りました。

 全部でプリントが7枚あり、それをひたすら打ち込む単純作業のはずが・・・まず一番の問題が出来上がっている物を見ても、何がなんだか分からない(解読できませんでした)。これに予想以上に時間がかかってしまい、一日目のノルマは家で達成する事になりました。

 2日目の今日も朝から(かなり焦っていたので、30分前に出社)バリバリやっていました。これほど汗をかいてキーボードを叩いたのは初めてです。これができないと「後が無い」を本気で考えながらやっていました。ここまで本気になったのも久しぶりです。演劇の同志社女子大でやった公園の挨拶いや、卒プロの発表の時くらい全力を出しました。黙々とやり続けた結果、目標としていた午前を超え、通常昼ご飯を食べている1時半頃にやっと大方を完成させました。

 

 その大方が終わった時の喜び(\(^o^)/)は、もうそれはそれはバイトの面接が終わった時にしたガッツポーツが帰ってきたくらい大きかったです。達成感でいっぱいでしたし、弁当片手に御所まで満面の笑みで歩いていました。「やればできる」の言葉の本当の意味を知った様な気がします。そして、時々顔を出すまぶしい日差しに打たれながら、午後の為に思いっきりリラックスしていました(写真は普段は買わない・ご褒美!)。

 そしてペースは上がり続け、前日に作ったファイルをすべて作り直しました(結果は同じでも、中のソースが最悪だったので)。そして1枚1枚クリアしてしていき、ついには残すところ後2行に! その2行が結果的に約1時間の残業を決定する物でした。ただ、いくら頑張ってもその2行は解け(書け)なかったので、その旨を伝えて、作業を終わらせました。これほど満足感いっぱいで、仕事場を後にしたのは初めてでした。

 やればできると言う言葉は非常に深く、それを考えながらやると本当にできるんです。まぁ、今考えるとなぜ素人に納期が明日の仕事を任せるのか分かりませんが、物事はとにかく始めないと進まないという事を身を持って体験した私の初仕事でした。
2009.05.27 Wednesday 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | プログラミングのバイト |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

バイトを一週間やったみて

 今月初めに決まった京都市内でのプログラミングのバイトが今週月曜日から始まっていました。このバイトを始めるまでにもいろんな事がありましたが、人生で2回目のバイト、社会に出ている感覚など、バイトを初めてからもたくさんの事を体験したので、それを書きたいと思います。

 時間と場所

 バイトをしているのは、京都の市内で京都御所のすぐ横というちょっと贅沢な場所です。週五日行っていまして、朝10時から午後5時まで働いています。間に一時間昼休みを貰っている(取っている)ので、その時間には弁当を持って御所に入って、ベンチで木や空、鳥を眺めながら昼食を食べています。このリフレッシュできる空間というのが、結構自分に取っては大切なのかもしれません。

 去年の秋頃から卒業プロジェクトでプログラミングというのをやってきましたが、ここまで本格的にやったのは初めてです。さらに、あの頃やっているのはPythonという言語で、今使っているのはPHPというまた違う言語なので、全く違う事をやっているとも言えます。

 プログラミングをやっていると言っても勉強をやらせて頂いている段階で、今週はToDoアプリ(やるべき事をタスクにして、並べて完了したら消して行くメモ帳のような物)を手伝って頂きながら作っていました。朝から本を読みながら、聞きながら、調べながら、コードをひたすら書いています。

続きを読む >>
2009.05.17 Sunday 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) | プログラミングのバイト |
このエントリーを含むはてなブックマーク |
 | 1 / 1 PAGES |