<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES

 
RECENT COMMENTS
LINKS
RECENT TRACKBACK
   

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.06.11 Wednesday  | - | - | - |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

日々精進



痛みを伴わない、変化はない。
2014.06.11 Wednesday 13:11 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

夏日



夏が来た、暑くなった。




2013.08.09 Friday 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

夏日



夏が来た、暑くなった。
2013.08.09 Friday 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

新しい季節



 この頃は更新をすると、新しい季節になっている場合が多い。ドイツを離れ、日本の生活にも無事にフェードインすることが出来た。京都で関わっていたプロジェクトにも、本格的に関われる時間が取れて充実した日々を過ごしている。学んだことも学べなかったことも、残された大学生活でゆっくり昇華していけば良いと思っている。

 写真は新しいカメラを買った友人と夜の散歩道で撮った。LEDライトと長時間露出。こうした単純な思い付きが一番味わい深い気がする。
2013.03.20 Wednesday 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

4月になった。今これから





 もう少し暖かくなれば、日本を離れてドイツに行く。ベルリンに一年住むのだ















2012.04.02 Monday 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

水道管と情報ダイエットの話

 僕はデジタルもアナログも両方好きです。アップルの信者であることや、プログラミングをかじっている事からデジタル主義と思われている一面もありますが、基本的にはどちらも使います。双方の良さを理解した上で使っているので、片方に絞り込むことは無いと思います。

 スマートフォンの爆発的ヒットから、2011年はスタートアップ元年と呼ばれ数多くの会社が誕生しました。デジタルメディアが存在感を強め、多くの起業がFacebookページやTwitterアカウントを開設し、自分も含めて多くの人の暮らしにインターネットがより深く入り込んだのではないでしょうか? 
 結果としてインターネットではアクセスできる情報が急激に増え、言わば洪水のように自分の頭にニュースが飛び込んでくる自体が起きています。友達が読んだ記事、有名人がつぶやいた言葉、企業トップの発言を報じる旧メディア... リアルタイムにありとあらゆるソース源から飛び込んできます。テレビと同じ、極めて受動的な形で情報が入ってきてしまっています。

 そんな中、大学でお世話になっている先輩がある日、Twitterを含むソーシャルネットから姿を消したのです。理由を聞くと、ネットの情報からある程度距離を取って「情報ダイエットをする」との事でした。その後の話では、生産性が上がり、時間をより有効的に活用しているそうです。
 僕が思うに、インターネットではアクセスできる情報が急激に増えた結果、言わば洪水のように自分の頭にニュースが飛び込んでくる自体になっています。友達が読んだ記事、有名人がつぶやいた言葉、企業トップの発言を報じる旧メディア... リアルタイムにありとあらゆるソース源から飛び込んできます。テレビと同じ、極めて受動的な形で情報が入ってきてしまっています。
 道具として欲しい情報にアクセス出来るのは素晴らしいけど、流れが強く情報量が多いので簡単に飲み込まれてしまいます。使い方を考えて、自分なりの距離の取り方が重要なのだと思います。

 話は変わりますが、「蛇口を捻って、シャワーを浴びる」この一連の行動を、最近気に入っています。蛇口を捻って温度を調節する、「手の動き」に面白味を発見したのです。水道の蛇口の癖を理解した上で、自分の狙った温度にするまでの間の"誤差"がとても好きです。アナログの物質を触る感覚、力の反発を受ける感覚、これらはアナログに存在する良さだと感じています。Facebookのログインボタンを強く押しても、力を弱めても結果は変わりません。
 写真もデジタルになっても撮るものがアナログな限り、思った通りに上手くいく事はそれほど有りません。その対象を理解した上で、使ってこそ面白い物が生まれるのです。だからこそ、手の感覚に馴染む、使い古した時の記憶が宿るアナログな物に魅力を感じるのではないでしょうか?

 取り留めのない文章になっていまいましたが、シャワーを浴びた後ネットを繋がず「ブログに載った時の事を考えながら」書いてみました。自分の時間の価値を考え続けている今日この頃...
2012.01.23 Monday 19:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

正月が過ぎ、写真が残った







 この正月は足を伸ばして、嵐山に行った。京都の古い町並みを堪能しながら、本物に出会った。美しい街並み、美味しいお抹茶、見たことのない路地裏の世界。大阪と神戸も行ったが、京都では新しい発見が数多かった。嵐山の渡月橋、北野天満宮、二条城... 昔訪れた場所も新鮮に感じた。







 自分を取り巻く環境が変われば、日常が変わって見える。自分の思考、興味が別のものに移ると同じ路地も違い顔を見せる。世を見る切り口が増えるのはいいことだと思う。自分の内に存在するものが、外界と混じり合う事で新しい発見がある。自分の撮った写真を見れば、その時の考えが手を取るように分かる。だから、面白い。







 写真の撮り方もだが、センスのイイ物。面白いと惹き付けらる物が変わったと、自分が気がつく瞬間が一番面白い。自分が面白いと感じた事を人にシェアーするのは気持ちがいい。共感を得るものもあれば、新しい視点が見つかるときもある。本、アート、音楽、作品、人、思考、シェアーできないものはない。自分の価値観と、相手の価値観が重なった時に「共感」が生まれる。それがまた、面白い。
2012.01.19 Thursday 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

遅くなりましたが...



謹んで新年の
お慶びを申し上げます
旧年中は大変お世話になり
有難うございました

本年も宜しくお願い申し上げます

2012.01.02 Monday 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

美味しいクリームソーダ



 夏の都、京都に帰って来ました。暑さは国内どこも変わらないと思いますが、楽しんだらこっちのモンですよ。この季節だからこそ涼しい風の存在に気がついたり、遠くの景色を見に遠出をするのですね。書かなかった去年と比べても更新回数が減ってしまいしたが、今年も僕は元気に生きていますよ。

 新しいことにかつて無い生命力で飛びついてます。一人でも、二人でも。

 やりたい事が無いなら、探せばいい。とりあえず触ってみる事が大事。20年ぽっちの人生ですが、この事を学んだのもごく最近。試してみないと分からないことがこの世界にはたくさんある。好きな人には、好きと伝えたほうがいいのと同じように。


 高校時代は楽しかった。それでも戻ろうと思わない程今の日々が充実している。それが幸せ
2011.08.25 Thursday 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

見学



相変わらず霧の濃いAPUを早朝に出発し、昨日は大分みそ協業組合の工場見学をしました。
安心院プロジェクトの先生と共に、「精密農業」をキーワードに見てきました。



 普段から食べる機会も多い味噌ですが、実際の製造過程を初めて知りました。昔ながらの製法を取り入れつつ近代化された機械だらけの工場は、外から見ても何を作っているのか分かりません。分かりやすく説明されたビデオを見せていただき、その後実際の製造現場を見学しました。大豆と麦を仕入れてからも再度手間をかけ、石などの不純物を取り除てから製造レーンに乗せている工程を見ると、毎日何気なく食べている食品は全てこの厳しい基準をクリアしている、更にその裏ではメーカーの無限の努力があるのだと感じます。改めて凄いですよね。



 この工場は有機認定を受けていて薬品が使えないので、毎日午前中の製造が終わると午後は従業員の手によって高圧洗浄されているそうです。冷たい機械しか無いように見えても、その裏には人のあたたかい気持ちがあるんでしょうね。更に各過程は機械によるチェックに加えて、目視確認が徹底されていて全てが厳しい基準をクリアしていました。



 これまで関わることの出来なかった領域にも接点ができ、可能性を日々広げています。この一年は思ってもいなかったような繋がりから、次々に事が動き出すことも経験しました。立っているだけで紹介される大学の一回生が終り、春からは自分足で動き手で掴み取る二回生になります。

 今後の人生にも大きな影響を与える数々の出来事が起きた去年を、嫉妬させる新しい学期にします。
2011.02.18 Friday 23:34 | comments(2) | trackbacks(0) | 日記 |
このエントリーを含むはてなブックマーク |
 | 1 / 31 PAGES | >>