<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES

 
RECENT COMMENTS
LINKS
RECENT TRACKBACK
   
<< Google Map に歩行者目線の新機能 | main | 昨夜の雨と体育の卓球 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.06.11 Wednesday  | - | - | - |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

マイクロソフト タッチパネル搭載テーブルPC "Surface"

マイクロソフトが5月30日にまた新しい製品を世に送り出しました。「Surface」という名のこの製品に関しては私も情報不足で、なかなか良い説明ができないのですが、どうやらこれまでには無かった凄いものらしいです。タッチパネルを全面に搭載した、30インチの大きなモニターがそのままテーブルになったコンピュータの様なものとなっています。一人以上で使う事を目的としているようで、手を使って大胆な操作が可能みたいです。Surfaceは2007年末から、ホテルや小売店、レストランなどに設置される予定だそうです。

 これまで基本的にソフトウェアを開発してきた、マイクロソフトがiPodを完全に敵視した音楽プレイヤーZuneの開発なども積極的にやっている今、どんどん新しいものが投入されそうです。ソフトウェアの開発はVistaが最新作ですが、Windowsの時代は終わったのではないかなど厳しい意見も出されています。私自身MacもWindowsも使っているので双方の長所、短所をバランスよく見ているつもりです。ブログを書くのも、音楽を聞くのも、友達とチャットするのもMacを使っています。一番の長所は使うときに開く、使わないときには閉じるです(ノートパソコンを閉じる)。どのようなノートパソコンでもそうではないか、という皆さんの声が聞こえてきそうなので、少し説明します。私が知っている限り、Macのようにスタンバイ状態(閉じている状態)で長時間待機、巣対パイ状態からの起動の早いパソコンはありません。長時間待機できるというのは、シャットダウンしない状態で数週間、数月使う事が可能です。このような事もあり、私はMacを使っています。シェアーが小さいので(ノートパソコンで10%(米))、扱えるソフトもかなり限られてきます。そのため、WindowsパソコンではWindowsでしか使えないソフトを使ったり、動画をみたら、WindowsからしかアクセスできないWebサイトを見に行ったりしています。今度普段使っているソフトや、便利なソフトのレビュー記事を書きます。

ITmedia News:MS、ハイテクテーブル「Surface」を発表:


Microsoft Surface - surface and gesture based computing lands

最近ネットの調子が悪く、この記事を書いているときにもつながっていなかったので、情報が文のはじめと終わりでは少し違うかもしれませんが、許してください。
2007.05.30 Wednesday 21:22 | comments(0) | trackbacks(1) | コンピューター・ソフト |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

スポンサーサイト

2014.06.11 Wednesday 21:22 | - | - | - |
このエントリーを含むはてなブックマーク |









マイクロソフト
マイクロソフト|略称 = MS、MSFT|郵便番号 = |本社所在地 = One Microsoft Way レドモンド (ワシントン州)|Redmond, ワシントン州|WA 98052-7329 アメリカ合衆国|USA|電話番号 = +01 (425) 882-8080|設立 = 1975年4月4日|業種 = |事業内容 = ソフト
| めぐみの日記 | 2007/06/02 10:51 AM |