<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES

 
RECENT COMMENTS
LINKS
RECENT TRACKBACK
   
<< 「桜/SAKURA」祭り | main | 寝癖は芸術 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.06.11 Wednesday  | - | - | - |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

映画「ジャンパー」を見ました。


 昨日友達に誘われて久しぶりに映画館に行って、「ジャンパー (映画) - Wikipedia」という映画を見てきました。スターウォーズファンの私としては、この作品で主演をやっているヘイデン・クリステンセン(SWではアナキン・スカイウォーカー)をいち早くに見たかったのですが、いろいろと忙しかったので、最終的に3/7日の公開から一ヶ月くらい経ってしまっていました。

 映画の感想は、まだ見ていない方もいると思うので、続きを読むをクリック下さい。










 はい、それではネタバレも少し含んだ形で映画の紹介をおこなっていきたいと思います。

 まず、瞬間移動を可能にしてしまう特殊な能力を持った人たちが「ジャンパー」と呼ばれていて、このジャンパー達を面白く思っていなくて、殺そうと狩りを続ける謎の組織「パラディン」。物語はこの二つの戦のような物です。

 ジャンパーはパラディンから逃げ、パラディンはジャンパーをこの世界には必要ないと考え殺そうとしています。パラディンを逆に殺してしまう強者のジャンパーもいましたが・・・。中世からこの戦いは続いているようです。

 主人公は子供の頃川に落ちた事をきっかけにテレポート能力に目覚め、学生時代には銀行強盗をおこない、巨額の富を得ます。それ以来はソファーに座っていて30cm先のリモコンを取るときでさえも、テレポートする程多用して楽な暮らしを過ごしていました。そこへ・・・パラディンたちが現れてしまうのです・・・・・・・。

 映画を見終わった後の感想

 ジャンパー達が飛び回る早さは、目では追えないほどでしたが、そのスピードに乗せられてしまうと、スタッフロールが一瞬できてしまいます。本当に展開が早くて、最後まで飽きない作品でした。

 ただ、パラディンとジャンパー達の戦いに決着がついていませんでしたし、主人公とその家族の話も伏線はばらまかれてしましたが、最終的なまとまりはありませんでした。なので、その辺りの話をもう少しみたいという意味でも、続編(現時点では不明です)が期待できます。
 
 テレポートできるジャンパー同士の戦いももっとみたいです(数百人いるらしいので)。
2008.04.07 Monday 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | 映画・俳優・女優・DVD |
このエントリーを含むはてなブックマーク |

スポンサーサイト

2014.06.11 Wednesday 22:57 | - | - | - |
このエントリーを含むはてなブックマーク |